ITRENINET 鉄道車両形式写真集
ホーム > 国鉄・JR形式写真 > キハ54形一般形気動車

キハ54形一般形気動車


0番代

 キハ54 1~12は四国向けの両運転台20m級ステンレス車体の気動車で、1987(昭和62)年に新製された。室内はオールロングシート。側窓は上段固定・下段上昇式のユニット窓で、側扉はバス用の折戸を採用している。便所は設けられていない。定員148(座席68)名。台車は廃車発生品のDT22AまたはDT22Cを再利用し、機関はDMF13HS(250PS)を2台搭載している。冷房装置はAU26。
 車体にはオレンジ色のストライプを入れていたが、後にJR四国のコーポレートカラーに変更された。全車ワンマン化改造済みである。

キハ54 6

キハ54 1~12

1・3位側を示す。
キハ54 6(四マツ)拡大画像を見る
昭和62.1新製
2011年9月17日 八幡浜駅にて

キハ54 10

2・4位側を示す。
キハ54 10(四マツ)拡大画像を見る
昭和62.1新製
2011年9月17日 八幡浜駅にて

キハ54 11

現在はキハ32形と同様に簡易排障器が取付けられている。
キハ54 11(四マツ)拡大画像を見る
昭和62.1新製
2015年8月28日 八幡浜駅にて

キハ54 12車内

キハ54 12の車内。拡大画像を見る
2011年9月17日 

500番代

 キハ54 501~526は北海道向けの一般形気動車として、1986(昭和61)年に新製された。ステンレス車体で、北海道向けのため、側扉は片引戸となっており、前面にはスカートとスノープロウが取り付けられている。側窓は一段上昇式で、二重窓構造である。便所付で、定員100(座席70)名。台車は廃車発生品に改良を加えたDT22Fで、機関はDMF13HS(250PS)を2台搭載している。冷房装置は非搭載。車体には赤・白・黒の帯を巻いている。
 後に全車ワンマン化改造され、一部は座席をリクライニングシート、転換クロスシートに取り替えている。
 キハ54 527~529は、急行「礼文」用として座席を新幹線0系廃車発生品の転換クロスシートとしたもので、幕板部に赤帯を巻いて一般車と区別している。
 2003~2005(平成15~18)年にかけて、台車、減速機、変速機等の取換工事が施工され、台車はボルスタレス式のN-DT54に、変速機はN-DW54に変更された。また、一般車の座席についても、キハ183系や海峡線のオハ50系の発生品への取替が実施されている。

キハ54 522

キハ54 501~529

キハ54 522(釧クシ)拡大画像を見る
昭和61.11新製→平成16.11 台車取換工事
1987年6月13日 釧路運転所にて

キハ54 517

1・3位側を示す。
キハ54 517(釧クシ)拡大画像を見る
昭和61.11新製→平成16.6 台車取換工事
1987年6月14日 網走駅にて

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る