ITRENINET 鉄道車両形式写真集
ホーム > 国鉄・JR形式写真 > キハ40系一般形気動車 > キハ40形1700番代

キハ40系一般形気動車|キハ40形1700番代


概説

▼ クリックで展開します
キハ40 1783

キハ40形1700番代

キハ40 1783(札トマ)拡大画像を見る
4・2位側を示す。
キハ40 183 昭和55.9新製→キハ40 783 平成5.6改造→キハ40 1783 平成18.5改造
2017年9月2日 岩見沢駅にて

 キハ40 1740

キハ40 1740(釧クシ)拡大画像を見る
旭川および釧路に所属する車両は、鹿などとの衝突対策として運転室屋根上にホイッスルを設置しており、車体に装備していたタイフォンを撤去する改造が進められている。また、後位側貫通扉にヘッドマーク受が取付けられているのも釧路所属車の特徴である。
キハ40 165 昭和55.2新製→キハ40 740 平成3.5改造→キハ40 1740 平成21.10改造
2017年9月2日 滝川駅にて

キハ40 1740

キハ40 1740(釧クシ)拡大画像を見る
上写真の1740の2・4位側を示す。ヘッドマーク受がない。また、釧路所属車は他区所と異なり、前位側に貫通幌を装備している。
2017年9月2日 滝川駅にて

キハ40 1806

キハ40 1806(函ハコ)拡大画像を見る
1・3位側を示す。写真は五稜郭工場の施工車で、帯色が苗穂などの施工車と若干異なっている。
キハ40 247 昭和57.5新製→キハ40 806 平成6.2改造→キハ40 1806 平成22.1改造
2012年7月31日 森駅にて

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る