ITRENINET 鉄道車両形式写真集
ホーム > 国鉄・JR形式写真 > キハ183系特急形気動車 > 5200番代(「ノースレインボーエクスプレス」)

キハ183系特急形気動車|5200番代(「ノースレインボーエクスプレス」)


概説

 北海道のリゾート列車第6弾として1992(平成4)年に新製された、まず7月にキハ183-5202-キハ182-5201-キハ183-5201の3両編成が先行して落成し、札幌-函館間の「はこだてエクスプレス」として運用を開始し、12月にキハ182-5251とキサハ182-5201が落成して2・3号車に組み込んでキハ183-5202(Mc1)-182-5251(M)-キサハ182-5201(TD)-キハ182-5201(mg)-キハ183-5201(Mcc)の5両編成となり、愛称も「ノースレインボーエクスプレス」に決定した、
 基本コンセプトは「北の大地は全周視界」を踏襲して、「人にやさしい快適な移動空間」としてのアコモデーションを採り入れた。編成中央のキサハ182-5201はダブルデッカーで、他車はすべてハイデッカー構造としている。また、車両ごとに内外装ともカラーリングが異なる。
 駆動機関はMcとMにN-DW14C(420PS)を2基搭載し、mgには1基搭載し、電源機関はmgに300PS・210kVAのものを1基搭載している。最高速度は130km/h。
 客室内は座席を各車とも回転式リクライニングシートし、ダブルデッカー車の1階はラウンジとビュッフェを設けている。便・洗面所はMcとTDに設置した。AV装置はダブルデッカー車掌室に制御装置を設けて、各車に取り付けたモニタ装置により、衛星放送等が楽しめるようになっている。

キハ183-5201

キハ183-5201・5202

Mc車で、定員47名。写真は6号車(キハ183-5201)で、側面窓周りがピンクとなっている。
キハ183-5201(札ナホ)拡大画像を見る
平成4.7新製
2017年9月2日 岩見沢駅にて

キハ183-5202

こちらは1号車(キハ183-5202)で、窓周りはラベンダー色。
キハ183-5202(札ナホ)拡大画像を見る
平成4.7新製
2017年9月2日 岩見沢駅にて

キハ182-5201

キハ182-5201

4号車(mg)。定員60名。窓周りはオレンジ色。
キハ182-5201(札ナホ)拡大画像を見る
平成4.7新製
2017年9月2日 岩見沢駅にて

キハ182-5251

キハ182-5251

2号車(M)。定員60名。窓周りはブルー。
キハ182-5251(札ナホ)拡大画像を見る
平成4.12新製
2017年9月2日 岩見沢駅にて

キサハ182-5201

キサハ182-5201

編成中唯一のダブルデッカー車で、3号車(TD)。定員36名。窓周りはライトグリーン。
キサハ183-5201(札ナホ)拡大画像を見る
平成4.12新製
2017年9月2日 岩見沢駅にて

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る