ITRENINET 鉄道車両形式写真集
ホーム > 国鉄・JR形式写真 > キハ183系特急形気動車 > 5100番代

キハ183系特急形気動車|5100番代


概説

 「クリスタルエクスプレス トマム・サホロ」は、北海道のリゾート列車第5弾として1989(平成元)年に苗穂工場で新製された。
 「北の台地は全周視界」のコンセプトのもとに、先頭車キハ183に展望室、中間車キハ182にドームを設けて眺望を重視している。
 登場時は1号車からキハ183-5101-キハ182-5101-キハ183-5102の3両編成であったが、1990(平成2)年に気動車初のダブルデッカー構造のキサロハ182-5101を新製して2号車とした。
 機関はN-DMF13HZA(330PS/2000rpm)で、キハ183形に2基、キハ182形に1基搭載、キハ182には電源装置(DH82A)を搭載している。最高速度120km/h。
 車体は前述の通り先頭車をパノラマカータイプとし、前照灯の内側にはLED式の表示器を設けている。 側引戸に「ニセコエクスプレス」で実績のあるプラグドアを採用した。座席には液晶テレビが付く。塗装はシルバーメタリックを基調に、窓周りをダークシルバーメタリック、屋根をダークグレイとし、窓下にはグリーンとブルーの帯を巻いている。

キハ183-5101

キハ183-5101・5102

先頭車。便・洗面所付きで定員44(うち展望室8)名。台車はN-DT53A。冷房装置はAU13、CU23。
キハ183-5101(札ナホ)拡大画像を見る
平成1.12新製
2006年7月17日 岩見沢駅にて

キハ183-5102

キハ183-5102(札ナホ)拡大画像を見る
平成1.12新製
2006年7月17日 岩見沢駅にて 

キハ182-5101

キハ182-5101

ハイデッカー構造の普通車で、定員56名。台車はN-DT53A・N-TR239。冷房装置はRPU-2501S・4051S。妻部にドーム窓を設けて眺望を確保しているのが特徴。
キハ182-5101(札ナホ)拡大画像を見る
昭和63.12新製
2006年7月17日 岩見沢駅にて

キサロハ182-5101

キサロハ182-5101

1990(平成2)年に増備されたグリーン・普通合造付随気動車で、定員40名。
2階普通席は固定対面式の4人用ボックスシートが7つ設けられている。1階はグリーン個室で、4名用の個室が3室設けられている。冷房装置は2階客室・ラウンジ、1階個室がAU-N183A、前位ラウンジはAU-N183TDである。台車はTR69Dを改造した。
キサロハ182-5101(札ナホ)拡大画像を見る
平成2.12新製
2006年7月17日 岩見沢駅にて

キサロハ182-5101

2・4位側を示す
キサロハ182-5101(札ナホ)拡大画像を見る
平成2.12新製
2006年7月17日 岩見沢駅にて

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る